ストレッチで肩こり解消

私は普段、デスクワークなので、よく肩がこるんですよね。
肩こりで辛いときには、ストレッチをします。
ストレッチは肩周り中心にやることもありますが、足のストレッチをしつつ、肩周辺のこりをついでにほぐすという方法をよくやります。
足のストレッチは主に、開脚して上半身を前に倒すという、よくあるストレッチ法です。
そのとき、腕を体の前方に伸ばしたり、
つま先方向に伸ばしたり、頭の上から腕を回して逆足のつま先を掴むつもりで伸ばしたりします。
そうすると、肩の特定の筋だけが伸ばされるのではなく、背中や脇腹の筋肉も伸ばされます。

やってみてから気づいたのですが、背中や脇腹辺りの筋肉も実は結構こっていて、ほぐれるとすっきりします。
肩を沢山ほぐしたつもりなのに中々すっきりした気がしないときは、
もしかしたら、背中や脇腹といった肩の周辺の筋肉もこっているのかもしれません。
また、頭の上から腕を回して逆足をつかもうとするときは、筋が伸びるだけでなく、体勢を整えようと筋肉に力が入ります。

一旦体勢が整えば力が抜けますから、そうして肩の筋肉が適度に動くことで血行促進になり、肩こり解消に効くのだと思います。
足のストレッチですから、もちろん足の筋も伸びてきて、いわゆる、体が柔らかくなります。
一石二鳥です。
ということで、肩こりには足のストレッチが中々良いですよ、というお話でした。

 

コメントは受け付けていません。